アメロ AMERO。 アメリカ、カナダ、メキシコでやはり新通貨か

もはや、やばい状態であるアメリカですが、
アメリカの通貨である米ドルを救うため、まずは、ヨーロッパのユーロを見習い、
アメリカ、カナダ、メキシコが北米経済圏をつくり、
AMERO・アメロなる新通貨を作ろうとしている動きがあり、
近いうちに米ドルからアメロに移行するような噂があります。

とりあえず、米ドルは、相当やばいので、最悪状態になる前に、
カナダとメキシコを抱き込み、なんとか延命をしようとしてます。
また、アメリカの自分勝手な行動でしょうか。

いつ発表されるのでしょうか?まさか今週の金融サミット?
とりあえず、AMERO・アメロに注目しておきましょう。近い将来ですから。

http://vietnamkabu.blog88.fc2.com/
→このブログの更新情報がすぐ分かる便利なRSS設定!末永い御購読を!
関連記事
◎↓↓さらに詳しいことは検索
カスタム検索




楽天市場


チケットぴあ

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ビックカメラ.com

米肌トライアルセット

ファンケルのえんきん

セラミド

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

ドレスリフト

【通常使用】アヤナストライアルセット

ヘルケア

株式相場格言
ブログへの訪問、感謝いたします
ランキングチェック

FC2Blog Ranking

最新記事(20件)
カテゴリー別の記事一覧
プロフィール

酸素キャッシング代表

Author:酸素キャッシング代表
日本株、米国株、中国株、そしてミャンマー等のアジア市場に興味があります。
為替市場の動向は、経済を見るうえでかなり重要だと認識し金融全般をチェックしています。
世界各国の金利状況、実質的な物価、水・資源・エネルギー、政治・外交、産業界の動きが複雑にからみあっています。日本国内だけ考えるのではなく、グローバルな感覚でチェックしています。
「為替が分かれば経済が分かる!」
為替相場はすぐに経済状況を反映してくれます。
ただし本当は、一部の金融資本家たちに経済動向を握られていると思ってますので、株式も金利動向による為替の動きも注意しています。
相場は必ずしも指標に基づいて動くのではない。駆け引きを集約したものです。
どのようにも動く。それが相場なのです。
勝つためには、自己の心を整えて、あらゆる局面に対応できるようにする必要があります。

↓RSSリーダー。最新情報が届きます↓
◎☆ 最新ページへ戻る ☆◎
Twitter(ツイッター)での一言

クリック→ Twitter、フォロー願います


当ブログ内チェック
リンク集
QRコード
QRコード
トップページへ戻る